住宅に欠かせないものに関するトラブルが起きた場合

いつでも対応出来る業者を探そう

タイミングを知る

浴室リフォームを知らせるサインとタイミング

浴室は湿気と水気のあるところなので、土台や壁内部など見えない部分が傷んでいたりすることが多いものです。 一般に浴室が出来てから15年が目安にして、カビや汚れが目立ち始めたら浴室リフォームを考える時期と言われています。早目早目の手当てが住まいを長持ちさせる秘訣ですが、住まいの土台部分に悪影響を及ぼしかねない浴室のトラブルは、早目の浴室リフォームで手を打っておきたいところです。 浴室リフォームを知れせるサインとして、築15年以上、カビや汚れの他、浴室内の壁や床のヒビ割れ、排水口の詰まりや悪臭などがあります。これらのサインが出たら、浴室リフォームを考えるタイミングなので、一度専門業者に診断してもらうことが、住まいの健康維持と余計なリフォーム費用を抑えることにつながってくるのです。

浴室リフォームで浴室乾燥機を手にいれよう

浴室リフォームをするときに、ぜひつけたいのが浴室乾燥機です。 浴室といえば、入浴するとき以外にはほぼ使う人はいないでしょう。 そこを洗濯物を干すスペースにしてみてはいかがでしょうか。 浴室リフォームの際に、浴室乾燥機を勧めてくる業者さんも増えています。 浴室乾燥機をつけると、普段部屋干しの人は部屋が広く使えるようになりますし、雨の日や梅雨の季節などに洗濯物を干せなくて困ることがありません。お値段は多少高くなりますが、浴室リフォームをする際に簡単に取り付けることができます。見た目もスッキリして浴室の景観を損なうこともありません。 浴室リフォームは、ただ浴室を新しくするだけではなく、新たに便利な機能をつけるのもいいですね。