住宅に欠かせないものに関するトラブルが起きた場合

いつでも対応出来る業者を探そう

増加するトラブル

増えているトイレのトラブル

どんな住宅にも必ずついている住宅設備がトイレです。トイレは人がいる場所には欠かせない生活に密着した設備です。また、毎日使用するので故障しやすい設備でもあります。 昔は日本では和式トイレが普通でした。和式トイレはそのまま排泄するだけなのでトラブルは少なかったですが、洋式の水洗トイレになってからトイレのトラブルが急増しています。 水洗トイレは水を流して使用するため、タンクが故障すると水が流れなくなったり、あるいは水が漏れてきたりといったトラブルが起こります。最近は少ない量の水で使用できる節水タイプの水洗トイレも多くなっていますが、節水タイプの水洗トイレでもトイレの詰まりやトイレ水漏れが増えているそうです。

使用上の注意と対処法

水洗トイレを使用する時はトイレ水漏れが起きないように日頃から気を付けて使用することが大切です。トイレットペーパーは水に溶けますが、一度に大量に流すことでトイレ水漏れに繋がります。節水するために一回ごとに流さず数回分ためてから流す人もいますが、これはつまりの原因になります。なるべく一回ごとに流すことをお勧めします。 万が一トイレが詰まってしまってトイレ水漏れが起こったら、慌てずに止水栓を閉めて水を止めます。原因によってはすっぽんを使って便器を吸引すると取れることがあります。トイレットペーパーを流し過ぎてしまったことが原因の場合は、しばらく置くと水に溶けるので解決します。どうしても直らない場合は水道業者に修理を依頼します。